• ホーム
  • シミの原因として知られている紫外線に対策するにはどんな方法があるのか

シミの原因として知られている紫外線に対策するにはどんな方法があるのか

紫外線はシミができる原因の代表格であり、特に外出をする際には万全の対策を講じておくことが推奨されます。ダメージが蓄積されると後々に影響が出ることもありますので、将来的にシミで困らないためにも今の内からの対策が欠かせません。

上手に紫外線予防をするには、まず日焼け止めの使用が必須と言えるでしょう。長袖などで肌を覆うことができる季節ならまだしも、夏場ですとそれが難しいこともあるはずです。その場合はしっかりと日焼け止めによって肌を保護することが欠かせず、シミの原因であるメラニン色素を増加させないよう徹底ブロックを講じていきましょう。日焼け止めは種類によって保護能力が異なるため、SPFやPAの値に注目しながら選択することが大事です。

日傘を用いるのも対策のひとつです。夏の日差しが強烈になりつつある昨今、熱中症対策として日傘を携帯する人も増えていますし、紫外線を物理的にカットすることもできることから、日焼けをしたくない人に打って付けのアイテムと言えます。なお、日傘選びの際には内側が黒系の物を選ぶことが推奨されます。白系の物ですとレフ版のように光を反射させてしまうため、却って肌に良くないことがあるからです。

帽子やアームカバー、マスクなどの小物アイテムを上手に活用するのも紫外線対策の基本と言えます。日焼け止めを用いていようとも完全な防御は難しいため、小物も活用しながら紫外線を防いでいくことも必要です。徹底ガードをすることで肌への刺激を大幅に軽減させられ、透明感のある若々しい肌を将来的にも保ちやすくなることでしょう。

紫外線対策は、主に室外にいる時に注力してしまいがちですが、室内にいる時にも油断することはできません。自宅の中や車の中など、こういった環境下でも紫外線の影響は受け、窓越しに日焼けをするケースも多いです。特に車の運転中は強い日差しを浴びやすい状況でもあるため、車ユーザーは注意をしてみた方が良いでしょう。

室内における対処法ですが、例えばガラスにUVカットフィルムを貼付するのがひとつです。自宅の窓ガラス用や車のガラス用の紫外線カットフィルムもありますので、活用してみるのも良いかもしれません。あるいは自宅ならば、物理的に日差しをブロックするための、すだれやサンシェードなどを設置するのもおすすめです。こうした対策に加え、日焼け止めや紫外線対策グッズを織り交ぜながら、室内にいる時にも肌を守れるよう心掛けましょう。