• ホーム
  • 手に入れる前にしっかりと確認しておきたいケアプロストの使い方

手に入れる前にしっかりと確認しておきたいケアプロストの使い方

スキンケアをしている女性

効果的にケアプロストを活用するため、適切な使い方の予備知識を備えておくことが大切です。塗るだけという手軽さではあるものの、医薬品であることに加えて目元に使用するという特性上、誤った方法ですと思わぬトラブルを発生させかねません。予期せぬ眼病トラブルなどを招くことも考えられますので、ケアプロストを手に入れる前に使い方への理解を深めておくようにしましょう。

清潔な肌状態で使用することが大切なため、まずは洗顔やクレンジングで汚れやメイクを落としておきます。後々にメイクをする場合も、先にケアプロストを塗ってから行うのがおすすめです。また、コンタクトレンズを使っているようなら一時的に外しておいた方が、うっかりレンズを傷めてしまう心配もありません。

ケアプロストを塗る際には、専用のまつげブラシの使用が推奨されます。アプリケーターとも呼ばれており、安全且つ丁寧に塗るためにも必要です。繰り返し使用をすると細菌感染の恐れがあるため、一度使用をした物は使わないように注意したいところです。

アプリケーターにケアプロストを付けたら、速やかにまつげの根本に塗るようにしましょう。何度も塗る必要はなく、サッと軽く塗り付けるだけでも十分に効果を得られます。下まつげには付ける必要はなく、まばたきをしていると自然と下側にも行き渡るはずです。もし液が余分に付いてしまった場合はそのままにせず、ティッシュやコットンなどで拭き取るようにします。

使用上の注意点ですが、大事なのは根本に塗るよう心掛けることです。ついついまつげを中心に塗りたくなるものの、まつげに塗っても効果はありません。根本に塗って浸透をさせてこそ毛根の活動が活性化するため、付ける場所を誤らないようにしましょう。

多量を付け過ぎないようにするのもポイントです。一度に沢山使用したからといって効果が一気に高まるようなことはなく、むしろ副作用が発生する可能性がアップします。皮膚に付いたことで色素沈着が起こるケースも少なくありませんので、やたらに量を増やすようなことはせず、適量を継続して使用していくよう心掛けましょう。なお、色素沈着のトラブルが不安な場合は、ワセリンやクリームを塗ってまぶたを保護しておくと安心です。マスキングをしておくことで直接肌にケアプロストが付着してしまうことを防止でき、目元に黒ずみができてしまうという、ありがちなトラブルも防ぎやすくなるでしょう。