• ホーム
  • 日焼けをしてしまったときに役に立つアフターケアの方法を紹介!

日焼けをしてしまったときに役に立つアフターケアの方法を紹介!

日焼け対策を講じても強力なエネルギーを持つ紫外線ゆえに、完全にブロックをするのは難しいです。結果的に日焼けをしてしまうこともありますが、その際に適切な方法でアフターケアを行えるかによって肌状態は大きく左右されます。

ポイントは肌を冷やすことで、火照りをクールダウンさせていくことで肌への負担を軽減させやすくなります。日焼けは軽いヤケドを負っている状態であるため、熱をもったまま放置させておくのは良くありません。濡らしたタオルや保冷剤、肌用のクールスプレーなどを用いて熱を下げていくようにしましょう。その際、肌への刺激となりそうな行為は控えることが大切です。デリケートな状態となっているため、保冷剤を直接肌に当てたり肌を擦ったりなどの行為はNGと言えます。

保湿をしっかりと行うことも大切です。日焼けをした肌の水分量が経っており乾燥をしやすい状態です。そのまま放っておくとカサカサが進行すると共に、外的なダメージに敏感になることで重たい肌トラブルにも発展しかねませんので、徹底的な保湿で肌のコンディションを整えていきましょう。なお、刺激になりそうな成分が含まれている化粧品の使用は控えると共に、肌を強く叩くパッティングはせず、優しく丁寧に浸透させていくのが望ましいと言えます。

美白効果のある化粧品を使ったケアを行うのもおすすめです。日焼けによってシミができることもありますが、その原因はメラニン色素が増加し、滞留してしまっているからです。アフターケアの際にメラニン色素の排出を促すことでシミ予防を行いやすくなるため、美白化粧品を用いたお手入れ方法にも積極的に取り組んでみましょう。薄い状態のシミならば、比較的スムーズに透明感を蘇らせることができるはずです。

体の中からの対策も効果的で、栄養の摂取を心掛けシミができにくいコンディションを保ちましょう。特にシミ対策に有効とされているのがビタミン類で、例えばビタミンCはメラニン色素が過剰に生成されることを抑制し、ビタミンEには新陳代謝を促進する働きがあると言われていますので、日焼け肌をスムーズに改善する効果に期待ができます。その他にもタンパク質を積極的に摂取するのも効果的であり、肌を作るためのタンパク質を補うことで新陳代謝を正常に保ちやすくなります。逆に不足させてしまうと肌の生まれ変わりが滞るようになり、メラニン色素が滞留してシミができやすくなりますので注意が必要です。