• ホーム
  • 気になるニキビ跡の治療をするのにトレチノインが有効な理由とは

気になるニキビ跡の治療をするのにトレチノインが有効な理由とは

ニキビは適切な対処をしないと、跡になって残ってしまうリスクがあります。そしてニキビ跡になった場合は改善が難しく、ずっと残り続けてしまうことも多いです。しかしそんなニキビ跡への悩みに対して有効な治療法もあり、そのひとつがトレチノインと呼ばれるものです。

トレチノインには、メラニンの排出を促す働きや角質を剥がす作用などがあり、ニキビ跡に対しても優れた効果が発揮されることが明らかになっています。クリニックにおけるニキビ治療でも用いられることが増えており、その優れた効果によって回復を実感できたという人も多いです。また、ニキビ跡以外にも、シミや小じわなどに対して効果を示すことから、様々な肌トラブルへの対策として用いられています。

これだけの優れた効果を持つ理由は、トレチノインが強力なビタミンA誘導体であり、ビタミンAの50~100倍もの生理活性作用を持っているからです。強力に肌の再生を促しながらも、もともと人体にも微量に存在していることから、アレルギーが起こるリスクが低いというメリットもあります。強力な効果を持つ成分ですので慎重な使用姿勢が求められます。

効果の出方には個人差もあるものの、程度の軽い症状なら1ヶ月程度で効果が確認できる場合が多いと言われており、短期間でのニキビ跡改善に期待が持てるでしょう。使用開始後の変化も短期間で感じることができ、およそ2~3日で皮膚が剥け始めます。この角質の剥がれ落ちを経ることで新しい皮膚が育まれ、やがてはニキビ跡が目立ちにくいツルツルのコンディションに生まれ変わるという流れです。

トレチノインによるニキビ治療を行うには、基本的にクリニックでの相談が必要不可欠です。強力な効果を持つ医薬品ゆえに市販はされておらず、ドラッグストアなどで購入できるというものではありません。使用に伴い強い痛みや血液のにじみ、目立つ赤みなどが起こることがあるほどですので、医師の処方のもとで適切に用いることが大切です。

なお、トレチノインによる治療を行っている場合は、しっかり保湿ケアや紫外線ケアを行うことが欠かせません。治療中は角質層の剥がれによって外的な刺激に対してデリケートになっていますので、紫外線といった強い刺激を受けることでシミができてしまうこともあります。適切なケアを行わないと逆に肌状態が悪化することも考えられるため、適切な活用を心掛けつつ気になるニキビ跡をしっかりと改善させていきましょう。